【Parallels Desktop 15】MacでWindowsアプリをサクサク動かす【10月末まで10%OFF!】

2019年10月23日

なにかにつけ聞かれるのが、「Windows使えますか?」

…Macユーザーはどうしたらええねん!!!

そんな時はブチギレせずに、ソフトウェア「Parallels Desktop 15」を使いましょう。

10%クーポン(2019年10月末まで!)は記事最後で紹介しています。購入はこちらから。

Parallels Desktop 15とは

Parallelsとは、MacでWindowsを実行できるアプリケーションです。

公式サイトによると、30以上のユーティリティを組み込んでおり、MacとWindowsでの日常のタスクがより簡単に行うことが可能になるシステムです。

Mac OS : Catalinaに最適化済み

Parallels Desktop 15は、セキュリティとプライバシーの問題を解決済みで、MacのOSと互換性があります。

DirectX 11に対応済み

このバージョンでは、MacのグラフィックバージョンであるDirectX 9、Direct 10、Direct 11のすべてに対応済みです。

Direct 11はFIFAやFallout4など、高グラフィックのPCゲームにも対応しており、そうしたゲームを実行するにあたっても問題無くアプリやゲームを楽しむことができます。

Macとの統合

メールサービス

Finderの共有メニューのサポート強化も行っているため、MacOS上でWindowsのメールアプリケーションを使用しファイル送信を行うことを可能にしています。

使用方法は簡単で、Finderからファイルを右クリックし、共有>「Windowsのメールアプリで送信」を選ぶだけ。ファイルはWindowsのデフォルトのクライアントから送信されます。

スクリーンショットプレビュー

Appleはスクリーンショットの取得方法を変更しており、通常の手順はつぎのようになっています。

① Macで、Shift+Command+5キーを押して(またはLaunchpadを使用して)スクリーンショットを開き、ツールを表示させる。

② 使用するツールをクリックし、撮影または収録したいものを選択する(または、Touch Barを使用)。

③ スクリーンショットまたは画面収録を開始:

・画面全体または画面の一部の場合:「取り込み」をクリック
・ウインドウの場合:カーソルをウインドウに移動し、ウインドウをクリック
・収録する場合:「収録」をクリック。
・停止する時はメニューバーの「収録を停止」ボタンをクリック。

今まではこの方法とWindowsの互換性がありませんでしたが、バージョン15ではこれらのプレビューが可能になっており、Safari、写真アプリなどからの画像のドラッグ機能も追加されました。

Apple Pencil

バージョン15をインストールすると、WindowsアプリケーションでApple Pencilを使うことができるようになります。iPadのようにMacPCを使うことができる、というわけですね。

Apple Pencilはかなり便利で、画面の指紋汚れ防止にもなりますし、細かいリンクを選択したい時もかなりスムーズに選択できます。もちろん自由描画も可能!

私はApple Pencilが使えるからアップル製品を使っていると言っても過言ではありません。

Bluetooth

当然、Logitech Craft キーボードやIRISPenなど、Bluetoothデバイスへのサポートも充実しています。

OS互換性

Linuxを仮想マシンとして、幅広いサポートプログラムを実施しています。デフォルトでマウスのスライド・動的解像度・マルチモニターなどが使用可能です。

マルチモニターはかなり便利で、MacのPCのとなりにiPadを置き、SidecarによってiPadをサブモニターとして稼働させることができます。もちろんここでもWindowsアプリの拡張が可能です。

パフォーマンスの向上

Parallels Desktop 15では、高速化も実現しています。

・Microsoft Officeが最大80%高速化
・3Dグラフィックが最大15%高速化

口コミ

Parallels13のころに比べたら圧倒的に立ち上がりが早いです。
古いMacPCでも利用可能で、Windowsアプリの立ち上がりが遅いな〜と感じているなら絶対に入れるべきです。
MacのPCとWindowsのアプリの一体感がとにかくすごくて、一瞬Macを使っていることを忘れます笑
付属のツールボックスが相当充実しているのもポイントが高いです。僕は特に余計なメモリーを削除してくれるフリーメモリーが気に入っています。
ちなみにXboxのコントローラーも使えるようになるのでPCゲームをする人にとってはかなり美味しいアプリケーションです。

MacOSのアップデートに合わせて随時アプデをしてくれるのは相当ありがたいです。
CADなど、Windowsでしか使えなかったアプリケーションが使えるようになるのは本当に大きいです。
他には、2019年秋の公式アップデートでMacとiPadの連携が強化されるSliderに対応しているところもいいですね。サブディスプレイ化はかなり便利です。細かい図の挿入など、マウスや指での操作が難しいものに関しては本当にApple Pencilが活躍するので大きいメリットだと思います。

めちゃめちゃスピードアップします。
年に1回、夏頃にアプデがありますが、こちらはしなくても使えます
僕は必要に応じてする、という感じで使っています。
アップグレードするには有料か無料か選べます。有料でも、クーポンなどがあるのでそちらを使うとかなり安く購入できます。

クーポンコード

『パラレルズ・デスクトップ15 10%OFF』

・2019年10月18日〜10月31日まで
・クーポンコード: J6B-MU1-VVR

購入はこちらからどうぞ!