【CoD:Modern Warfare】アタッカーの後ろにはかならず後衛がいることを忘れないで欲しい【初心者からのお願い】

まずは何も言わずにこの動画を見て欲しい。

とにかく、私がこの動画で感動したのは3点。

BO4はバスケ、MWはサッカー。バスケやりたいのにサッカーやってたら???ってなるのは当たり前」

「MWはマップは広く複雑。待ちが強くて凸が弱い、のではなく、待ちがしやすくて凸が難しい!

「撃ち合いがしたい!撃ち合いが楽しい!という人はアプデを待って、それから評価して!

この3点よ!

この3点については本当に、動画の中でRush Gamingのくるたみさんがよく解説してくださっているから、見てみて欲しい。

アタッカーの後ろにはいつだって後衛がいる

私がBO4をやっていた時によく使っていたのは、ゼロというキャラクター。私のペンネームの由来にもなったキャラクターだ。

このキャラクターはハッカーで、EMP爆弾で敵の罠を無効化したり、敵を一時的にハックしたり、アイスピックというSPウェポンで敵のUAVを乗っ取ったりスレッシャーを撃墜したりする、後衛的な存在だ。

もちろん、前線に出るゼロ使いもいるが、私は主に後ろでLMGとロケラン片手にそういう対空をやっていた。

どうしてそういうプレイをしていたか。

BO4をプレイするにあたり、初心者が古参に迷惑をかけないためにできること、として、対空をしっかりする、ということが挙げられていたので自然と始めた、というのが始まりなのだが、とあるマッチ中に、

キルできねーなら対空しろよ!

アタッカーの人から怒鳴りつけられたことがあったのだ。

それ以来、私はSMGを育てたくてランチャーを持っていないカスタムを作っても、使うのは序盤のみ、UAVが出たらカスタムクラスを対空用のものに変え、あとはせっせとUAV落としに勤しんでいたのだ。

おかげさまで空にUAVが出現する前にUAVが出る位置がわかるというとんでもない能力が育つことになるのだがそれはまた置いておいて。

私はもう振り切って対空に命をかけていたのでスナイパーヘリコプターと撃ち合いをするのが楽しいと思っていたからよかったのだが、次第に、アタッカーをやりたがる人たちは自分たちがキルされた分だけUAVが出ていることに気が付いているのかな…?という素朴な疑問がふつふつと湧いてくることになる。

すぐ抜けるアタッカー()

アタッカーの人にとにかく多かったのが、最初の数分でバカスカキルを取られてUAVやCUAVをバンバン出されたあと、スレッシャーが出たらすぐ抜ける、ということ。

いやいや、諦めんのはえーなおい!

そういう人たちは自分たちが蹂躙ゲーを支配するのが好きなだけであって、自分たちが蹂躙される側に回るのがとにかく嫌いなんだろう、と思った。

人には対空しろよ!と言いつつ、対空が必要になった途端抜けるってどういうこっちゃねん、と。

そういう人たち、つまり凸凸凸!でCoDをプレイしていた人たちがMWをやったら、そりゃあ凸出来なくてつまらんわな、と鼻白んでしまう自分がいるのも正直なところだ。

実際、後衛というのは非常に重要な役割を担っていて、前衛の人たちが安心してプレイできているのも後ろでUAVを打ち落としている私のような後衛がいるからできること。スナイパーヘリが出たらランチャーをぶっ放し、戦闘ヘリが出たらランチャーをぶっ放し、スレッシャーやガンシップが出たらハッキングで打ち落とし…

アタッカーたちが楽しんでいる「撃ち合い」?なにそれ美味しいの?状態である。

そんな私だから、より地形の弱いところを戦略的に攻めていかないと旗が取れない今作のドミネーションなんかはすごく楽しいし、がっつり罠を仕掛けてゴッツリ守れる、後衛でも戦略的に戦闘に参加できる今作は非常に楽しい、と感じている。

今作でももちろん対空意識バリバリよ

発売から間もない今作、現段階で厄介なのはパーソナルレーダーである。UAVの面倒くささは全員が知っているからいいとして、例えば橋マップのような参加人数が多いTDMでパーソナルレーダーがボカボカ出てごらんなさい。

一回でいいから、空見てみて?

すげえ数のパーソナルレーダー飛んでるのわかる?

今作はとにかくパーソナルレーダー、前作で言うならリーコンのセンサーダートが、全員使える状態である。

今作はキルストリークによって出せるストリークが変わってくるから、全員がセンサーダート持ち、と考えた時、恐ろしくならないか?

恐ろしくならないか!そうかそうか!

やめちまえ!!!

おっとそれは言い過ぎだな。

だが、忘れないで欲しいのは、今作はキルストリークが繋がれば繋がるほど恐ろしい、ということ。待ちがしやすい今作において敵の位置を知らせるパーソナルレーダーは大きな意味を持ってくる。

それを打ち落とさない、というのは、相手の守りをより強固なものにする、ということ。

みんなの大好きな凸がより困難なものになるということである。

別に全員が全員対空しろとは言わないので、チームの連携がより重要になってくる今作において、対空をしている後衛の人間についてもちょっと気を配って欲しいと思う次第である。

チームでプレイしていることを忘れないで欲しい

配信者の影響を受けすぎ、というのは、動画の中でくるたみ氏が語っていたことであるが、これはなにもゲームの評価に関してだけではないと思う。

凸スナだったり、凸SMGだったり、配信者は当然「動画映え」するプレイをアップする。

だが、そうした動画映えするプレイをするアタッカーは、チームにひとりかふたりで十分だと思う

前衛がいて、中衛がいて、後衛がいる。これが理想的なチームバランスだと思うのだ。

6人中5人が前衛で1人だけ後衛、というのはいささか乱暴ではなかろうか。

もちろん、ゲームだから、自分の好きなようにプレイすればいいと思う、だが、その上で勝ちにこだわりたい気持ちがあるのであれば、チームバランスのことも考えて欲しいのだ。

もしそうでなくて、自分のプレイにこだわりたいなら、6人ガッチリ固めたチームを作ればいいと思う

ひとりでスナイパーヘリと戦ってると悲しい気持ちになるよそりゃ。しかもアタッカーやってた人たちはどんどん見切りをつけて抜けていくし。寂しいよ。

アタッカーであっても、必要であれば中衛に回ることを覚えて欲しい…というのは傲慢なんだろうか。

ひとりで50キルとかできる人でない限り、己のことだけ考えたワンマンプレイは初心者プレイよりも悲しい結末を迎えるということを忘れないで欲しい。

まとめ

なにが言いたいのかだんだんわからなくなってきたのでこの辺で終わりたいと思うのだが、結局言いたかったのは、凸をして撃ち合いをしたい人は現状のMWには物足りないと思うのはしょうがないと思う、ということと、それでも、凸以外のプレイの楽しみ方もあるということを知ってほしいということの2点である。

くるたみ氏も動画の中で指摘していたが、MWはまだまだこれからのゲームだ

今からつまらない、つまらない、と言っていたら、本当に廃れて過疎ゲーになり、運営から見放されてしまう。

ゲームを面白くするのも、楽しむのも、プレイヤー次第だ。

MWを盛り上げていくために、視野を広げていってほしい。そう思う昼下がりである。